排卵検査薬をオークションなどで転売

排卵検査薬と妊娠検査薬の違いは感知するホルモンの違いと言われています。
妊娠検査薬の場合はヒト絨毛性性腺刺激ホルモンと呼ばれるhcgを感知して、排卵検査薬はLHホルモンを感知すると言われています。
そのため、本来だったら、排卵検査薬がhcgを感知することはないと言われていますが、実際には、排卵検査薬がhcgを感知して、妊娠の兆候を示すことがあるとも言われています。
変な時期に陽性反応が出たので、ちょっと病院で調べてみたら、何と妊娠をしていたっていうケースがあるそうです。
排卵検査薬だけでは、正式な妊娠はわからないので、最終的には病院や妊娠検査薬を使って改めてチェックをすることは大事です。
でも、排卵検査薬が有り余っている場合なんかは、妊娠検査薬の代用して使ってしまってもいいかもしれませんね。
海外の排卵検査薬は、本数が多くて、処分しきれないって言う人もいますからね。
余ってしまった排卵検査薬をオークションなどで転売しようと思っても、薬事法違反になってしまいますし。
やはり自分で次の妊活に使用するしかありません!
妊娠するまでの期間がわからないので、やっぱり何本買っておくのがいいのか、判断が難しいですね。
でもまずは20本入りがあると便利ですね。
クリアブルー排卵検査器