妊娠線の予防は初期から始めよう!

妊娠線の予防は、『妊娠初期』から始めるのが鉄則です!
妊娠線が実際に出始めるのは、多くの場合は、中期からなのですが、早い人は、初期からも出てしまうんですよね!
妊娠線は、体質にもよりますので、絶対とは言えませんが、初期から妊娠線が出やすい人は、やはり細身の体型の人が、妊娠によって急激に太り始めた場合だと思います。
私の友人は、スキニーのデニムがすごく似合うくらい細い子が多かったのですが、妊娠線が出るのがすごく早かったんです!
というのも、妊娠初期の段階で、その子は軽く10キロも太ってしまったんです。
それまでが、痩せ気味だったので、10キロ太っても、全然私よりも軽かったんですが。
やはりこれまで痩せていた人が、急激に太ってしまうと、真皮で断裂が起きやすくなってしまうんでしょうね。
妊娠線の予防クリームを中期くらいから使い始めようと思っていたようですが、初期からすでに出来てしまったので、かなりショックだと言っていました。
スリムな人は、妊娠初期から、ちゃんと妊娠線の予防クリームを用意しておいた方が良いかもしれませんね。
やはり急に必要になることも多いですし。
できることなら、激太りをしないで、体重管理をしっかりすることが大事ですね。

 

妊娠線の予防はお尻までするべき!

 

妊娠線の予防のためには、ボディクリームとかって、どこまで塗った方が良いと思いますか?
多くの人は、お腹に塗るのが一番多いと思います。
でも、意外に忘れがちなのが、『お尻』や『脚』なんですよ。
女性は妊娠中に、多少なりとも太ります。
その時に、急激に太ってしまった人は、お腹だけではなく、脚やお尻も大きくなってしまうんですよね。
よくデブの人が、肉割れするっていう話を聞いたことがありますが、まさにそんな感じです。
妊娠線の予防ケアをしても、急激な体重増加をしてしまうと、スキンケアだけでは、予防するのは難しくなってしまいます。
妊娠線をつけないためには、まずは太り過ぎないことがポイントです。
特に妊娠初期は、まだまだ胎児は大きくなくて、太った分の体重は、基本的には本人の脂肪や肉になります。
妊娠後期は、お腹の赤ちゃんの成功が早いので、どんどん体重が増加するのは仕方ないですが。
初期から10キロとか20キロ太ってしまう場合はさすがに妊娠中とはいえ、気を付けないといけません。
妊娠線の予防クリームはお肌を保湿してくれますので、断裂しにくい状況にしてくれますが。
体重が急激に増えてしまうと、妊娠線の予防の努力も空しく、やっぱり妊娠線がつきやすくなってしまいます。

 

妊娠線の予防には体重増加が影響

 

妊娠中は体重増加が仕方ないですが、激太りは要注意です!
というのも、妊娠線って、実は予防するんだったら、『お尻』にも注意が必要だって知っていますか?
妊娠中にあんまりにも太ってしまうと、お尻にも妊娠線が出てきてしまうんですよ!
結局、お腹だけ妊娠線の予防をしていれば良いって問題ではないんです!
やはり太り過ぎてしまうと、真皮が断裂してしまうのは、どこの部分も一緒なんですね。
特にこれまで痩せていた人が、妊娠中の運動を極端に控えて、ぶくぶくと太ってしまうと、お尻なんかがに肉がつきやすいんです。
お尻についたお肉は、やはり妊娠線になってしまい、キラキラとした跡になってしまうんです。
女性はお腹はチェックをしている人が多いと思いますが、お尻はあんまり見えない場所なので、わからない人も多いと思います。
お尻に妊娠線を作りたくない人は、妊娠線の予防クリームを塗るのも良いですが、それ以上に『体重の増加』に気を付けることも大事です。
体重が極端に増えて、太ってしまうことが、お尻の妊娠線では、大きな原因になってきますので。
体重があんまり増えすぎてしまわないように、ちゃんと日頃から適度な運動をしておくことをおススメします。

2016/08/14 06:10:14 |

出産祝いに喜ばれた妊娠線の予防クリーム!

 

出産祝いのプレゼントって、結構悩みますよね。
私は自分が妊娠線の予防ケアで使えるローションを貰ったのが一番うれしかったです。
おむつなんかは、消耗品だから沢山貰っても嬉しいですが、友人たちからのプレゼントで被りやすいのがちょっとネックですね!
被ってしまっても、おむつのサイズが違えば良いですが。
同じサイズを大量に貰ってしまった場合は、使い切る前にサイズがアウトになってしまうこともありますから。
やはりおむつを買う時には、新生児用のおむつを買うよりも、ちょっと先になっても使えるように、少し大きめのサイズをプレゼンとしてもいいかなって思います。
みんな気を遣って、新生児用のサイズをくれるんですけどね。
でも、新生児って言っても、生まれて見ないと、子供のサイズって、わからないもの!
4キロオーバーの子と、2キロ台の子供では、はくオムツのサイズも違いますからね。
そういう意味では、ある程度赤ちゃんの大きさを聞いておかないと、オムツのサイズ選びも難しいと思います。
4キロの子にSSサイズのオムツは、あっという間にサイズアウトになってしまいますからね。
そういう意味では、妊娠線の予防クリームとかの方が、気を遣う部分がなくて良いですね。

2016/08/14 06:10:14 |

妊娠線の予防をするならダイエットも大事!

妊娠線の一番の予防は『ダイエット』だと思います。
胎児が大きくなるにつれて、お腹が出てしまうのは仕方ない!
お腹の妊娠線は、誰もが経験するので、妊娠線の予防クリームなどを塗ったりすることしかできないと思います。
でも、世の中には、『お尻のに妊娠線』とか『ふとももの妊娠線』なんてものがあるんです!
これの一番の原因は、『太り過ぎ』ですよ!
通常、妊娠中は太りやすいですが、健康管理や体重管理をしっかりしている人は、激太りすることもなく、お腹に軽く妊娠線が出てしまうくらいで済みます。
ところが、肥満体型の人や、激太りをしてしまう人は、お腹だけではなく、『お尻からふともも』まで、下半身のいたるところに妊娠線が出やすくなってしまうんです!
妊娠線の予防クリームを塗っても、激太りをしたら、意味がないんです!
そのため、妊娠線を少しでも減らしたい人は、やっぱり『無駄に太らない』!
これがすごく大事だと思います!
無駄に太ってしまうと、妊娠線の被害がどんどんと多くなってしまいます。
妊娠中でも、ヨガやストレッチなど、無理ない運動をして、適度に体重管理をすることが大事になってきます。
じゃないと、妊娠線の範囲が広がってしまいますね。